利用制限に注意して使おう

>

通信できる容量が決まっている

容量のチェックを忘れない

電波がしっかり届く場所でも、インターネットを見るのに時間が掛かる場合はあります。
その時は、通信できる容量を超えている可能性があるので確認してください。
それぞれの通信機器によって、1か月で通信できる容量が決まっています。
容量を越えたら、次の月にならないとリセットされません。
それまでは、ずっと通信速度が遅いまま過ごさなければいけません。

インターネットをスムーズに見るために、通信機器を借りる人が多いと思います。
それなのに制限が掛けられると、意味がありません。
必ず確認してから、ふさわしい通信機器を選択してください。
自分が普段から、どのくらいインターネットを使うのか考えると選択しやすいです。
間違えないで選びましょう。

インターネットをたくさん使う人

普段からインターネットをたくさん使う人は、通信容量が決まっていない通信機器が良いでしょう。
すると容量を気にすることなく、好きなだけインターネットを利用できます。
出張に入った時も、容量が無制限のタイプが良いですね。
仕事中に容量を超えて通信速度が遅くなると、作業スピードが低下する危険性があります。

スムーズに仕事を進めるためにも、制限が掛かっていない通信機器を選択してください。
あまりインターネットを使わない人は、容量が決まっているタイプでも大丈夫です。
容量が少ない通信機器は、連続で40時間の動画を見られるぐらいの容量になっています。
そのぐらいがあれば、特に不自由に感じることなくインターネットを活用できるはずです。